FC2ブログ

猫、ワクチンについて考える。

お宅のニャンコちゃん、ワクチン打っていますか?





飼い猫は、飼い主がいるので多分ほぼ打っていますよね。
3種混合とかを毎年。。



ウチのニャンコ軍団も、我が家に来てから(といっても生後1ヶ月半で来ているので、生まれてずっとということになりますが…)ちゃんと打っていますよ。

生後2ヵ月で初めて。
その後1ヶ月で2回目。
その1年後に3回目。






ワクチンの副作用、副反応ってご存知ですか?
元気消失だったり、衰弱、食欲不振、発熱、嘔吐、ムーンフェイス、アナフィラキシーショック、肉腫などなど・・・
人のワクチンでも副作用があるように、猫にもあるのですよ。

確率的には、ネットなどによると1~2%くらいのようですね。
なので、ほとんどの猫ちゃんには出ない感じですかね。
仮に出ても、元気消失や食欲不振などの軽いものが多いようです。




信ちゃんは、ワクチンを打ってもいたって元気なのですが、

問題は咲ちゃんなのです。。

IMG_8343_・育キィ髮・ク医∩・雲convert_20191129132936





1回目のワクチンの時は、母猫の初乳による免疫がかすかに残っていたからなのか?ワクチン後も元気でしたが、

2回目のワクチンの後は、副作用が出ました…。
食欲がなくなり熱が出て元気も無く一晩中辛そうでした。
翌日にはかなり回復して、翌々日には回復したように記憶しています。

3回目のワクチン(先月の20日に打ちました)の後は、かなりひどい副作用でした。
午前中に打ち、その日の夜夕飯を半分くらい食べた後に激しい震えが来て発熱し、その数時間後に夕飯を全部嘔吐、翌日は朝ほんの少し食べた後全く食べなくなり、その後も何日も元気が戻らず、ワクチンから3日経ってから気が付いたのですが、
ワクチンを打った箇所に、大きな「しこり」が出来ていました。

これは「ワクチン誘発性肉腫」という、

猫特有の怖い副反応の一つです。



これは、その後「線維肉腫」という予後が大変良くないガンに変わる可能性のある肉腫です。癌に移行するのは、ワクチン後4週間から2~3年のようです。
ワクチン10000例に1~10例(データによりかなりバラつきがあるみたいですが)発生するようです。
ちなみに、猫友達の通っている獣医さんでは、この線維肉腫になった猫が数例いるそうです。
コレになると治るということはなく、手術の後少しでも延命という考え方で、それでも数カ月単位の命となるようです。




私はこの肉腫のことを知らなかったのですが、色々と調べて初めて知ることとなりました。




ネットで情報を得ると、いろいろと載っていて、ここ最近増えている副反応のようです。
ワクチンには弱毒性生ワクチンと不活性化ワクチンの2種類があり、後者の添加物として入れられていた「アジュバント」が原因らしいと以前は言われていましたが、
研究が進むにつれ、生ワクチンでも発生している、普通の注射でも発生する例もある、
ということで、アジュバントのみが原因というものではないということが判ってきました。




咲ちゃんはというと、
2回目は不活化ワクチン(アジュバント有り)、3回目は生ワクチン(アジュバント無し)です。
2回目の時は脚に打ったので、正直肉腫が出来ていたかどうか今となってはわかりません。
それは、打った後の脚の皮膚を撫でまわしたりしていないからです。
今回気が付いたのは、今回は肩甲骨の間のちょっと後ろ側に打ったので、撫でる時にいやでも触る場所だからです。


近年、この肉腫が癌に移行したときに手術がしやすいように脚に打つことが多いようです。
なぜなら、肩甲骨付近は大きく部位を切除することが出来ませんが、脚は断脚が出来るからです。
非常に怖い理由ですが、そのために脚(ときにはシッポ)に打つそうです。






気が付いたときの写真です。
毛がかなり盛り上がっていますよね。
触ると硬い大きめのしこりがあります。

IMG_8328_convert_20191129132803.jpg



IMG_8331_convert_20191129132827.jpg



もう怖くて辛くて悲しくて、こんなことになるならワクチンなど打たなければよかったと何度も後悔しました…。
毎日毎日いろいろと悩みました。


全体ではワクチンの副反応は1~2%ですが、咲ちゃんではかなりの高確率なのです。

「ワクチンを打たないことで疾患にかかるリスクをとるのか、
ワクチンを打つことによる副反応(線維肉腫が発生する可能性がある)のリスクをとるのか。」



今後、ワクチンをどうしよう…。(-”-;)






2回目のワクチンを打った先生(実は3回のワクチンはそれぞれ打った動物病院が違います)は、
ワクチンの危険性をとてもよく理解されている様で、

「ワクチンは抗体価検査をした後でなければ打ちません。
ワクチンはリスクもありますから、まだ抗体があるのにわざわざ体に悪いワクチンを打つ必要はありません。」

とよくおっしゃっていました。





今後のワクチンは…
この先生に今回の経緯を詳しく説明し、抗体価検査もし、そのうえで打つか打たないか相談して決めようかと思っています。



IMG_8332_・育キィ髮・ク医∩・雲convert_20191129133052
ワクチンは嫌いでしよ。。






因みに、
ワクチン接種から2週間弱経った今現在の咲ちゃんのしこりの具合は、
初めて発見したときの大きさの10分の1位の大きさまで小さくなっております。
油断は出来ませんが、かなりホッとしています。
1ヶ月くらいで消失するなら心配はないようです。




にほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へ
にほんブログ村


「ワクチンのリスク」などに心配のある方、興味のある方は、
こんなの貼っておきますので、読んでみてください。非常に詳しく書いてあります。参考になるかと思います。

ワクチンについて考える


スポンサーサイト



ニャンコ軍団 1歳!


う~ん、あまり可愛い写真は撮れなかったのですが(^^;)・・・



IMG_7903_・育キィ髮・ク医∩・雲convert_20190820154940


IMG_8029_convert_20190820154816.jpg


IMG_7974_convert_20190820154900.jpg



8月20日(頃?…保護猫なので不明ですが)をもちまして、
信ちゃん咲ちゃん、無事に1歳を迎えることが出来ました!



おめでとーー!!(^。^)ノ



700gで我が家にやって来ましたが、
今や信ちゃん4.9kg、咲ちゃん4.6kgです。







いやぁ~、この1年弱、正直大変でした。(^^;)

我が家に生後1ヶ月半で来たのですが、2ヶ月になった途端の2匹同時の眼科通いから始まり、
その後いろいろな理由で何十回動物病院に行ったことか。。
病院に行かないまでも、とにかく心配事が非常~~に多かったです。



何もかもがモモ君と違い、というかほぼ正反対で、
猫にもいろいろなタイプがあるのですね~。
本当に無事1歳になってくれてよかった。(^^;;)


まさしく「ニャンコ軍団」という言い方がピッタリなほど、よく騒ぎよく走り回り、脚力があるので上下運動も激しくて、いたずら大好きで、何でもかんでも(食べ物ではないもの)食べてしまい、よく物を壊し・・・(;´Д`)勘弁しとくれ。。



始めは、おっとりおとなしいいたずらやオモチャに興味のない真逆なタイプのモモ君との違いに、こちらまで騒いでしまいよく疲れ果てたりしましたが、
最近はもう「ニャンコ軍団」に慣れましたよ。もう結構大丈夫です。
何をされても何があってもそこまで動じませんよ~!( `ー´)ノ







そんなニャンコ軍団の、先月末の大騒ぎなどを2つばかりご紹介しますね。







<一つ目…信ちゃんの大騒ぎ>


咲ちゃんの左眼の調子がイマイチよくない(食後に左眼からだけ涙が出ている)ので、
いつもの眼科に行ってこようと思いました。


二人とも体重も結構となり、以前のように大き目のキャリーに一緒に入れることが出来なくなったため、
信ちゃんには、初めての一人お留守番をしてもらうことにしました。

眼科までは片道1時間くらいかかるので、何の用事もないのに一緒に連れて行くのはストレスもかかり可哀想だと、
今後こういうことは度々起きるかもしれないからその時のためにも慣れておいてもらおうと、家に置いて行くことにしました。
一人ぼっちは全くの初めてなのでちょっと心配でしたが、一人遊びも出来るし、まぁ大丈夫でしょう。。




咲ちゃんをキャリーに入れるところを信ちゃんに見せて、
私はいつも出掛ける時に掛ける声の「行って来るね。」を何度も言って、
二人は出掛けるんだなぁと思わせることにしました。
こっそりいなくなるとビックリしてしまうかもしれませんからね。


すると、何となく事情が分かったのか、、



どこ行くにゃーー!
イヤにゃーーー!
置いてかないでにゃーー!
行っちゃイヤにゃーー!


悲痛な大声で鳴きまくりです。(--;)



ドアを開けて出る瞬間は、もう声も出ないほどのショックぶり…。(--;;)




駐車場に着く頃、やっぱり気になってカリカリマシーンに付いているライブカメラで部屋の様子を見ると、、
大音量で、それこそ死にそうな悲痛の叫び声!!!(--;;;;;;)



あ゛おぉ~~ん! な゛おぉ~~ん!



当然、、、、、戻りましたよ。。(;´Д`)


一人一つのキャリーに入れて、カバンを肩から下げ、両手にむんずとキャリーを持ち、、
やじろべえのようになりながら、車に向かう私でした。
はぁぁ~(;´Д`)重い、暑い、でもガンバルぞよ。。
これからもいつもこの体勢で2匹同時の移動か…。


IMG_8017_convert_20190815151911.jpg



…眼科では、先生や看護師さんにクスクス笑われる信ちゃんでした。











<二つ目…ニャンコ軍団大パニック>


我が家はマンション6階ですが、ほんのときどき部屋の中に蚊が入ってきたりします。
なので、モモ君の時もそうでしたが、一応フィラリア予防のための薬を首後ろに垂らしておきます。

  余談…蚊を叩き潰すのにいつも苦労する私ですが、
       この間咲ちゃんがあっという間に蚊をあの小さな手でつぶしました。
       なんという動体視力!(@д@;)凄過ぎる。。




今回はいつもの薬ではなく、別の薬(ブロードライン)をもらってきました。
(動物病院が以前と違っていますのでね。。)

IMG_7989_convert_20190815151755.jpg

開けて見てみると、以前の倍くらいの量(0.9ml)があり、トロッとした液体でした。



以前の薬(レボリューション)は、量は少なめ(0.5ml)でサラッとしていて直ぐに吸収され、
首に垂らすとちょっと刺激があるようで、モモは走って逃げて隠れてしまっていました。

IMG_8022_convert_20190815151834.jpg




今回のものはありがたくも刺激がないようで、二人とも、何だろ~何か首が~変かな~、といった感じでキョトンとしていました。

薬の量が多いせいで、首から少し肩の方向に垂れてきたのか、
二人がほぼ同時に
肩に顔を持っていって、ついペロッと、、、、





その1秒後、、





火が付いたように、猛ダッシュで部屋中を全速力で駆け回り駆け回り駆け回り駆け回り‥‥
2匹の猫が、弾丸のように猛烈走り‥‥
大大大パニーーーーック!!




キェェェェーー!Σ( ̄口 ̄;;)、、舌に薬がぁぁぁーー!!



その弾丸走りに、私も猛烈にビックリして焦って、
必死に追いかけてやっとこさ捕まえて見てみると、
口が唾液の泡でブクブクブクブク‥‥



猫は、よく錠剤を口の奥に入れて飲み込ませるのに失敗をすると、
異物を唾液で吐き出すために口を唾液の泡でブクブクにするため、
「毒物による意識がないような口から泡を吐く状態」ではないということはなんとなくわかりましたが、
一応動物病院に急いで電話をしました。


が、



電話の最中も二人で大大大パニック大騒ぎ状態でほとんど話が出来ず、
一旦電話を切り、シリンジで水をたくさん口に入れ、タオルを敷いてダラダラ水で口の中を洗って、
また舐めるといけないので、首の後ろと肩をよ~く拭いて、、



再び電話を掛け直し。。





「毒ではないので舐めてしまっても大丈夫ですが、アルコール分が入っているので舌に刺激がかなりあるのでしょう。
もし具合が悪くなったり、何度も吐いてしまうようなら病院に連れてきてください。」と。




私とニャンコ軍団がそこそこ落ち着くころには、ぺろっと舐めてから2時間も経っておりました…。
具合も悪くならず、吐くこともなく、無事でした。が、、
三人ともクタクタ…。参りました…。疲れ果てました…。(;´Д`)







・・・そんな賑やかで?いつも大騒ぎな我が家でした。(^^;)
2歳になる頃には、もう少し落ち着いた大人猫になるのかしら。。



にほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へ
にほんブログ村

これはこれは、凄いぞ!

自宅の玄関前に「観音竹」という観葉植物を置いている我が家。


IMG_7977_convert_20190725151442.jpg
 ↑ こんなの。





棕櫚竹(シュロチク)とか、観音竹(カンノンチク)とか、、
よく玄関先にこんなの置いてあるの、ご近所で見かけません?
それですよそれ。。d(^^)







いつも株元にササッと水をあげるのですが、
昨日もそのような感じでササッとやっていたのですが、

たまたま上の葉の方に目をやると、、、



(@@;)ギョギョギョ!




・・・得体のしれないものが生えていました。




こりゃいったい何ぞや?(@”@?)




IMG_7976_convert_20190725151418.jpg




もしかして、、花?、、つぼみ?、、なのかぃ??






購入したのは、確か20年くらい前。
このようなモノが生えてきたのをを見たのは初めてです。


気になってネットで調べてみると、やはり「花」のようです。
しかも、コレで満開みたいです。(^^;)


IMG_7981_・育キィ髮・ク医∩・雲convert_20190725151503
サンゴのような、海ブドウのような・・・(^m^;)





どうやらそこそこ珍しく、数十年に一度とか書いてあったりします。

ホントかぃな!
そりゃ凄いぞ!!






でも、、

60年とか120年とかに一度咲くと言われている竹の花って、
確か不吉なことが起きる前兆、、、とかって聞きませんか?
咲いた後に、竹は枯れてしまうらしいですね。




ええ~~( ̄д ̄|||)…不吉な事






ちょっと怖くなって、さらに調べてみましたら、


竹はイネ科
観音竹はヤシ科


「竹」とは付くものの、全然違うもので竹ではないそうです。




はぁ~(;´Д`)よかったよ~~~




観音竹とは、福を呼ぶ縁起のよい植物で、祝い事などでも贈り物にされるそうです。

ということは、、
それに花が咲いたのですから、

もしかして、、




良い事がある前兆?ヽ(≧▽≦)ノ








ちょっと、、、宝くじでも買いに行くかな。。(^。^)y-.。o○





にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

今年のゴールデンウィーク…

ゴールデンウィーク、、皆さんいかがお過ごしでしたか?


ちなみに、「ゴールデンウィーク」という言葉は、昔々映画業界が勝手に作り出した言葉みたいですね。
テレビで林先生が言っていました。
以前は、「大型連休」とか「飛び石連休」と言っていたと。
確かにそうだ!そう言っていたよ! ずーっと前はね。思い出しました。。


それはさて置き、




私のゴールデンウィークは、、、とても心労のかさむ辛い連休でした・・・。






というのは、

連休に入るホント直前の4月25日に、
ニャンコの咲ちゃんの両目が大変なことになりました。



瞳と角膜の間の無色透明な液体?の部分が白っぽく濁ってしまって、
全然見えなくなったわけではないけれど、曇りガラス状態のようで、
明らかに凄く変な眼になっていました。
25日の朝は気が付かなかったのですが(なので恐らくう~っすらとしか濁っていなかった?と思われます。)
夜帰って来てから普通に「ただいま~」と目を見たとき、、
そのようになっていました…。




これはおかしいよ。絶対変だって。明日朝一で眼科に行こう!!
咲ちゃん、、(ノ_;)大丈夫かなぁ。。




もう不安で不安で不安で不安で・・・
ネットでいろいろ調べると、「白内障」の症状ではなさそう。
あのように部分的に真っ白、という感じではなく、眼全体が曇りガラス…。






翌朝、以前お世話になった眼科専門病院に行って来ました。

ひどいブドウ膜炎になっていますと・・・。




原因はいろいろとあって、
眼自体に原因があるもの(外傷とか、、)、体の病気などに原因があるもの(ウィルスやその他の疾患)

咲ちゃんは、後者の方が可能性が高そうです。
家の中でそんな外傷を負ったとは思えませんし、それに両目ですし。。



眼が治るかどうかは、その原因によりますと。
原因によっては、このままの状態が残るかもしれませんと。

・・・(T_T)・・・




猫エイズと白血病と、恐ろしい猫伝染性腹膜炎の血液検査を直ぐにしました。
結果が出るまで生きた心地がしませんでした…。

眼の細かい検査や眼圧などを測り、ステロイドと抗生物質の注射をして、点眼薬とステロイド内服薬をもらって帰ってきました。

待つこと数日・・・






血液検査の結果は、シロでした。どれも陰性。


ε~(;。;)ホッ、よかったよかったよかったよかった…。






その治療を続けていて数日が経つと、段々と曇りガラスがとれてきて、
4~5日ですっかりクリアガラス状態まで戻りました。




ううっ(T_T)えがったえがったえがったえがった…





何が原因だったのか結局わからず仕舞いでしたが、とりあえず治って本当に本当に良かったです。
その数日間といったらも~~、、辛かったです。
今現在も点眼は続いております。







そのホッとした時ふと思ったのですが、

咲ちゃん、避妊手術をした後に予想通り少し太って来たのですが(避妊去勢をすると代謝が落ちて太りやすくなるのです)
ここ数ヶ月は、太って来たというより腹部の真ん中辺りだけが異様に膨らんでいて、手足や腰は細いままです。
見た目にちょっと腹部膨満が目立つ感じです。
(ちなみに信ちゃんの方は変な腹部膨満はなく、普通の体型です。)


ちょっと変だったら嫌だから、病院に行き慣れたこの機会に、ついでにエコーやレントゲンで調べてもらおうということになりました。






翌日、避妊手術をしてもらったいつもの病院へ行き、
血液検査と腹部エコーとレントゲンをしました。




エコーで何やらハッキリとはわかりませんが、肝臓肥大が見つかりました。
血液検査では腫瘍マーカーなどは調べていないのでよくわかりませんが、念のためにCTを撮ることになり検査施設の予約をして帰ってきました。



・・・(T_T)・・・

咲ちゃんが死んじゃったらど~しよ~、、
まだ8ヶ月なのよ、、そんな~、、







こんな生きた心地のしない中、
この時期にいつもお呼びしている「GWの客人」が今年もいらっしゃいました…。


IMG_7801_convert_20190508081819.jpg


用意にも身が入らず 、心ここにあらずのような、、、
ひきつった笑顔での接客となってしまいました。

・・・もう心労がピーク(T◇T)助けて。。








CT検査を受ける前に、、、もっと大きな動物病院、、
何かあった時にCT検査もそこで出来て手術も常にたくさんやっている、獣医さんもいっぱいいる動物総合医療センターに「セカンドオピニオン」に行ってみることにしました。
院長が腫瘍外科専門なので安心です。


その院長に診て頂けることになりました。



エコーやレントゲンを見ながらとても細かく説明していただき、
ダンナ様もじっくりと一緒に診て、、







う~ん、特に問題はないようです。

恐らく…肥満のようですね。(^^;)






と言われました。 ・・・( ̄◇ ̄;)え、、







一応念のため、月末にもう一度血液検査とエコーをしていただくことになりました。


にしても、、

肥満?かぁ~~。。(-”-;)


普通の、通常の、太り方と違って、
お腹にだけ、やけに脂肪が付くタイプなのね。咲ちゃんって。








そんな、心労がかさみ過ぎる辛い私のGWでした・・・。
(ついひとことメッセージに書いてしまい、ご心配おかけしました。m(_ _)m )




IMG_7597_convert_20190508082129.jpg


IMG_7689_・育キィ髮・ク医∩・雲convert_20190508082051


IMG_7773_convert_20190508081915.jpg



ちみたちの医療費に、この半年間でどんだけ使ったのさ。。ウン十マン…。
まぁ、全部治ってるから、、よしとするか。。  (´Д`)by旦那





にほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へ
にほんブログ村

これで取りあえずひと段落だな。

お忙しい年末、いかがお過ごしですか~?
こんな私もそこそこ忙しいです。(^^;)




今年最後の記事更新は・・・

やっぱりニャンコ記事です。(^^;)ゞスミマセン。。



IMG_7287_convert_20181226084937.jpg











生後2ヶ月と3ヶ月時の2回のワクチン接種も終了し、
猫エイズと白血病のウィルス血液検査も終了し(両方陰性でした^^)、

あと残すは、
メインイベント?の、避妊去勢手術です!( `ー´)ノ





モモ君の時は、若干不安な感じでしたので、
(手術終了後に自宅に帰ってお尻を見てみると結構血が付いていて、その後に何ヶ月という下痢と軟便に悩まされ大変でした・・・。)
なので今回は、獣医さんを大変大変選びました。



それに、
ネットで見ると、避妊去勢手術は生後半年から8ヶ月くらいと書いている動物病院がほとんどですが、
保護主さんによるとそれでは遅いと。
せめて4~5ヵ月くらいで手術をした方がいいと。

なぜなら、1匹や雌だけ雄だけならいいのですが、ウチは雌と雄の2匹での飼育だからです。
油断すると、2匹から5~6匹になってしまいますからね。( ̄m ̄;)ヤバいよ。。







そこで散々調べて選んで、


動物保護団体NPOの保護猫や地域猫の不妊手術の活動に協力していて、
数年前は、年間1000匹近くの手術を手掛け、
子猫は2ヵ月からの手術でも出来る、大変経験豊富な先生にお願いすることにしました。





先生に聞くと、、
最近の猫はエサが良くなり栄養状態もいいので発情も早いです。
まして雌と雄で飼育しているのなら、

半年では明らかに遅いです!d( ̄。 ̄)



ワクチンの効果が出る生後4ヵ月辺りでやりましょう。
小さい子猫の場合は、傷跡も小さいですし治るのも早いです。
雌の避妊手術でも日帰りです。包帯もカラーも付けなくて大丈夫です。糸も無いので抜糸もありません。





なんて頼もし~~!( *´艸`)


やっぱり経験豊富だといいわぁ~。
傷跡が4~5センチも糸で縫ってあって、一泊してカラー付けて帰って来るような動物病院とは大違い。









手術の日の朝、車で運んでいるときの写真。

IMG_7350_convert_20181226084539.jpg
何かを察知したのかしら。(-”-;)今までになくくっついているよ。






午前中に連れて行って、夕方にお迎え。

自宅に帰っても至って元気で、食欲もあり、ちょっとしてからご飯も食べました。
夜には、今日手術したとは思えないほど、いつも通りの追いかけっことジャンプをしていました。
痛そうな様子は全然ありません。

翌日も何の問題も無く、全く元気いっぱいでした。






傷跡も本当に小さく糸も無く、経験に基づく上手な手術ですね。

こんな感じです。一応載せておきましょう。

IMG_7379_convert_20181226084730.jpg
咲ちゃんの傷跡は1センチあるかないかくらいです。


IMG_7381_・育キィ髮・ク医∩・雲convert_20181226084800
術後直後の写真なので、信ちゃんの方は若干腫れていますかね。
今日現在は、もうすっかり腫れは引いています。




この先生にお願いして本当に良かったです。
この手術がとても不安でしたので、無事に終了してホッとしました。
これで一応ひと段落って感じですね。(^^)









一緒に寝る信ちゃんと咲ちゃん。仲いいわぁ~(^。^)
IMG_7421_convert_20181226092436.jpg


IMG_7391_convert_20181226084512.jpg




ぉぃぉぃヾ( ̄。 ̄)そこはまな板だよ。調理しちゃうよ~。
IMG_7419_convert_20181226084331.jpg






IMG_7413_convert_20181226084413.jpg


IMG_7322_convert_20181226084603.jpg






ということで、、、




年末寒波が来るそうですね。
風邪など引かぬように、
良いお年をお迎えください。。(^^)ノ゛





にほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へ
にほんブログ村
~ひとことメッセージ~

 (3月30日)


土曜日、ダンナ様を迎えに行った帰りが遅くなったので、近所のホテルの和食やさんで夕飯食べて帰ろうということになり、自粛で休みかもしれないので電話して確認してみたら、
ナント!
貸切で大宴会だって!
このご時世で?皆自粛でコロナ感染に協力してる週末に?

もーー信じられん!
なんていう人たちだ!

客もホテルも全く自覚無し(`^´)呆れてものが言えないわ!
若者が広げてるとか言ってるのに、大人たちがこの態度じゃ感染防止は無理じゃ!



にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へ
にほんブログ村



BMWランキング






~お知らせ~
「琵琶弾き語り演奏」のご依頼受付中♪
修行中の身のため無料です(^^;)
古典1~2曲(1曲当たり20分くらい)です。
言っておきますが、トークは下手です。
なお、あまり遠くへは行かれません。
ご依頼は、非公開コメントをご使用ください。

プロフィール

ゆうこ君。

Author:ゆうこ君。
東京都在住の、ダンナ様&天使のモモ君(猫)&信ちゃん咲ちゃん(new猫)の雑用係。( ̄▽ ̄;)…家で家事担当、兼、運転手&荷物運び(ダンナ様腰痛持ちなため)。

ダンナ様は外でお仕事担当。そして男性では珍しい徹底したペーパードライバー。
よって、運転・洗車・メンテナンス等は、私に丸投げ…。

モモ君は、とても可愛くて優しくておりこうさん。
2018年4月22日17歳半年で虹の橋を渡り、第2ステージへと旅立ちました。

いちお車ブログですが、車以外の脱線ネタが多いです。
気軽にコメントくださいな。。


*ブログ内の車の流れ*
E90(320i)6年/エンジン故障

アテンザ5ヶ月/好きになれなかった

F10(523d)1年7ヶ月/当てられて廃車
MINI COOPERの増車 1年4ヶ月/故障の疑い&事故のトラウマ

G30(523d)
F20(118i)

今日の日付入りカレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新記事
アクセスカウンター
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR