FC2ブログ

猫、ワクチンについて考える。

お宅のニャンコちゃん、ワクチン打っていますか?





飼い猫は、飼い主がいるので多分ほぼ打っていますよね。
3種混合とかを毎年。。



ウチのニャンコ軍団も、我が家に来てから(といっても生後1ヶ月半で来ているので、生まれてずっとということになりますが…)ちゃんと打っていますよ。

生後2ヵ月で初めて。
その後1ヶ月で2回目。
その1年後に3回目。






ワクチンの副作用、副反応ってご存知ですか?
元気消失だったり、衰弱、食欲不振、発熱、嘔吐、ムーンフェイス、アナフィラキシーショック、肉腫などなど・・・
人のワクチンでも副作用があるように、猫にもあるのですよ。

確率的には、ネットなどによると1~2%くらいのようですね。
なので、ほとんどの猫ちゃんには出ない感じですかね。
仮に出ても、元気消失や食欲不振などの軽いものが多いようです。




信ちゃんは、ワクチンを打ってもいたって元気なのですが、

問題は咲ちゃんなのです。。

IMG_8343_・育キィ髮・ク医∩・雲convert_20191129132936





1回目のワクチンの時は、母猫の初乳による免疫がかすかに残っていたからなのか?ワクチン後も元気でしたが、

2回目のワクチンの後は、副作用が出ました…。
食欲がなくなり熱が出て元気も無く一晩中辛そうでした。
翌日にはかなり回復して、翌々日には回復したように記憶しています。

3回目のワクチン(先月の20日に打ちました)の後は、かなりひどい副作用でした。
午前中に打ち、その日の夜夕飯を半分くらい食べた後に激しい震えが来て発熱し、その数時間後に夕飯を全部嘔吐、翌日は朝ほんの少し食べた後全く食べなくなり、その後も何日も元気が戻らず、ワクチンから3日経ってから気が付いたのですが、
ワクチンを打った箇所に、大きな「しこり」が出来ていました。

これは「ワクチン誘発性肉腫」という、

猫特有の怖い副反応の一つです。



これは、その後「線維肉腫」という予後が大変良くないガンに変わる可能性のある肉腫です。癌に移行するのは、ワクチン後4週間から2~3年のようです。
ワクチン10000例に1~10例(データによりかなりバラつきがあるみたいですが)発生するようです。
ちなみに、猫友達の通っている獣医さんでは、この線維肉腫になった猫が数例いるそうです。
コレになると治るということはなく、手術の後少しでも延命という考え方で、それでも数カ月単位の命となるようです。




私はこの肉腫のことを知らなかったのですが、色々と調べて初めて知ることとなりました。




ネットで情報を得ると、いろいろと載っていて、ここ最近増えている副反応のようです。
ワクチンには弱毒性生ワクチンと不活性化ワクチンの2種類があり、後者の添加物として入れられていた「アジュバント」が原因らしいと以前は言われていましたが、
研究が進むにつれ、生ワクチンでも発生している、普通の注射でも発生する例もある、
ということで、アジュバントのみが原因というものではないということが判ってきました。




咲ちゃんはというと、
2回目は不活化ワクチン(アジュバント有り)、3回目は生ワクチン(アジュバント無し)です。
2回目の時は脚に打ったので、正直肉腫が出来ていたかどうか今となってはわかりません。
それは、打った後の脚の皮膚を撫でまわしたりしていないからです。
今回気が付いたのは、今回は肩甲骨の間のちょっと後ろ側に打ったので、撫でる時にいやでも触る場所だからです。


近年、この肉腫が癌に移行したときに手術がしやすいように脚に打つことが多いようです。
なぜなら、肩甲骨付近は大きく部位を切除することが出来ませんが、脚は断脚が出来るからです。
非常に怖い理由ですが、そのために脚(ときにはシッポ)に打つそうです。






気が付いたときの写真です。
毛がかなり盛り上がっていますよね。
触ると硬い大きめのしこりがあります。

IMG_8328_convert_20191129132803.jpg



IMG_8331_convert_20191129132827.jpg



もう怖くて辛くて悲しくて、こんなことになるならワクチンなど打たなければよかったと何度も後悔しました…。
毎日毎日いろいろと悩みました。


全体ではワクチンの副反応は1~2%ですが、咲ちゃんではかなりの高確率なのです。

「ワクチンを打たないことで疾患にかかるリスクをとるのか、
ワクチンを打つことによる副反応(線維肉腫が発生する可能性がある)のリスクをとるのか。」



今後、ワクチンをどうしよう…。(-”-;)






2回目のワクチンを打った先生(実は3回のワクチンはそれぞれ打った動物病院が違います)は、
ワクチンの危険性をとてもよく理解されている様で、

「ワクチンは抗体価検査をした後でなければ打ちません。
ワクチンはリスクもありますから、まだ抗体があるのにわざわざ体に悪いワクチンを打つ必要はありません。」

とよくおっしゃっていました。





今後のワクチンは…
この先生に今回の経緯を詳しく説明し、抗体価検査もし、そのうえで打つか打たないか相談して決めようかと思っています。



IMG_8332_・育キィ髮・ク医∩・雲convert_20191129133052
ワクチンは嫌いでしよ。。






因みに、
ワクチン接種から2週間弱経った今現在の咲ちゃんのしこりの具合は、
初めて発見したときの大きさの10分の1位の大きさまで小さくなっております。
油断は出来ませんが、かなりホッとしています。
1ヶ月くらいで消失するなら心配はないようです。




にほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へ
にほんブログ村


「ワクチンのリスク」などに心配のある方、興味のある方は、
こんなの貼っておきますので、読んでみてください。非常に詳しく書いてあります。参考になるかと思います。

ワクチンについて考える


スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret
(非公開コメント:受付中)

難しい問題ですよね

ワクチン…ウチは2年前から打つのを止めました。

猫を飼い始めた頃から、なんのためらいもなく全ての猫たちに年1で注射してました。ある時、ネットでワクチンによる副作用の情報を知ってしまい、その時の猫たちが高齢だったこともあり、動物病院の先生とも相談して打つのを止めました。ワクチンを打っても病気になる時はなりますし、完全屋内飼いなので外猫よりはリスクは低いからと判断しました。

去年の暮れから亡くなった、みゅう、める、くう はそのせいかどうかは分かりませんが後悔はありません。

これは難しい問題ですよね。結果がどうなるかは誰も分からないので、自分で納得するしかないですしね。。。

kisukeさま

コメントありがとうございます。(^_^)

kisukeさんのところは、ごく普通に「ウチは毎年打っていますが全然大丈夫ですよ。」かとばかり思っていました。
そうですか、2年前からやめていたのですか。
でも幸いなことに、副作用は発生していなかったのですね。良かった良かった。
モモ君も実は、11歳を最後にその後虹の橋を渡るまでの6年間は打っていませんでした。
若いときはいいですが、老猫はやはりちょっと怖いですよね。
琵琶の猫友達にも聞きましたが、その人たちもワクチンについてはいろいろと考えるところがあるようで、漫然とは打っていませんでした。
なかなか難しい問題ですよね。
結局は飼い主の「納得」や「自己責任」のような考え方になって来るのだと思います。
このワクチンは義務ではなく任意ですからね。
でも任意な分、”何かあった時”に後悔や悩みが長々続きそうで、これまた怖いです…。
義務の方が、”仕方がなかったんだ”と思えるのである意味楽なのかもしれませんね。

ワクチン接種について、、もう少し悩んでみようと思います。(--;)

大変ですね」

薬にはどうしても副作用が付いてきますね。
人間なら臨床データとか豊富なんでしょうけど
猫ちゃんたちのはそこまでデータがないのか
個体差が大きいのか・・。
打つのか打たないのか
悩みますね。
家猫ちゃんならあんまり病気もらわないのでは
ないでしょうか?

なごやかさま

コメントありがとうございます。(^_^)

ワクチンでこんな怖い思いをしたのは正直初めてです。
モモ君も実家の猫も副作用など出たことがなかったので、ほとんど考えていませんでした。
動物なので人間のようなデータもなく所詮甘いのでしょうね~。
あるサイトでは、ワクチンの種類ごとの副作用と考えられる症例が細かく乗っていて、特に「死亡」となっている例は本当に恐ろしいです。
動物ですから、、所詮甘いのでしょうね~。。

次回から打つか打たないか、本当に迷います。
完全室内飼の家猫なので、野良猫からもらってくることはないのですが、
一番可能性が高いのは「動物病院」ですね。あそこは病気の子がたくさんいますから…。
消毒等もなされているとは思いますが、どれくらいのレベルかまではマチマチでしょうからね~。

でもこの分ですと、咲ちゃんの方は次回も必ず副作用が出るような気がします。
はぁ~(;´Д`)困りましたよ。。

No title

ゆうこ君さんの決断を支持します。。。
とは言っても、私は獣医ではありませんので。。。。

支持する理由としては・・・
咲ちゃんに関してはリスクが高すぎる気がする
ゆうこ君さんは、相当、飼い猫に対して、よくお世話をする方なので、室内飼いであれば感染のリスクの方が相当低そう

仮に、感染の可能性があるとすれば、ベランダに来る鳥から信ちゃんを介してみたいなルートか?なぁ。。。。

ホシカツさま

コメントありがとうございます。(^_^)

> ゆうこ君さんの決断を支持します。。。
ありがとうございます。
そーですよねー、そーですよねー。。
里親さんが言うにも、3回目はもっと副作用が酷くなる可能性があると、近所の獣医さん(ワクチンを打った所ではない)が言うにも打たない方がいいと。
もうあんなに危険な目に遭わせたくありません。何かあったらどんなに後悔することかと思います。
感染に一番危険なのは動物病院でしょうね。あそこは病気の子が来たりしますからね。
でも獣医さんに行かないわけにはいかないし…。
消毒などもしているでしょうが、気を付けはしますが、運もある気がします。
ベランダには、モモ君の時と違って一切出していません。
モモ君と違って運動神経もよくジャンプ力もあるので危険ですからね。

同じ猫飼いとして、ホシカツさんの指示が心強いです。( `ー´)ノ
~ひとことメッセージ~

 (3月30日)


土曜日、ダンナ様を迎えに行った帰りが遅くなったので、近所のホテルの和食やさんで夕飯食べて帰ろうということになり、自粛で休みかもしれないので電話して確認してみたら、
ナント!
貸切で大宴会だって!
このご時世で?皆自粛でコロナ感染に協力してる週末に?

もーー信じられん!
なんていう人たちだ!

客もホテルも全く自覚無し(`^´)呆れてものが言えないわ!
若者が広げてるとか言ってるのに、大人たちがこの態度じゃ感染防止は無理じゃ!



にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へ
にほんブログ村



BMWランキング






~お知らせ~
「琵琶弾き語り演奏」のご依頼受付中♪
修行中の身のため無料です(^^;)
古典1~2曲(1曲当たり20分くらい)です。
言っておきますが、トークは下手です。
なお、あまり遠くへは行かれません。
ご依頼は、非公開コメントをご使用ください。

プロフィール

ゆうこ君。

Author:ゆうこ君。
東京都在住の、ダンナ様&天使のモモ君(猫)&信ちゃん咲ちゃん(new猫)の雑用係。( ̄▽ ̄;)…家で家事担当、兼、運転手&荷物運び(ダンナ様腰痛持ちなため)。

ダンナ様は外でお仕事担当。そして男性では珍しい徹底したペーパードライバー。
よって、運転・洗車・メンテナンス等は、私に丸投げ…。

モモ君は、とても可愛くて優しくておりこうさん。
2018年4月22日17歳半年で虹の橋を渡り、第2ステージへと旅立ちました。

いちお車ブログですが、車以外の脱線ネタが多いです。
気軽にコメントくださいな。。


*ブログ内の車の流れ*
E90(320i)6年/エンジン故障

アテンザ5ヶ月/好きになれなかった

F10(523d)1年7ヶ月/当てられて廃車
MINI COOPERの増車 1年4ヶ月/故障の疑い&事故のトラウマ

G30(523d)
F20(118i)

今日の日付入りカレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新記事
アクセスカウンター
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR